2017年2月6日月曜日

週末記 ~新しいおもちゃ そののち

レーザー加工機を手にしてからウホウホと遊ぶ日々でしたが、そうそういつも遊んでいるわけでもなく、問題に当たったら問題の解決の髄を探り当て、解決させたら気がすんだ ってのを繰り返しています。

いいのか わるいのか。

別に悪くない。 しいて言うなら、発言したら発言のケツを持てよっていうぐらいですかね。
誰かが待っていたり、疑問を持つならば明らかにしたいという気持ちはあります。
投げる発言が多すぎて忘れてたらごめん。

●年末に突然死したレーザーモジュール(レーザー光を作り出して射出する部分全体)は1月3日に企画販売元へ返送しました。
到着の連絡はいらないけど、突然死の原因が分かったら後学のために教えて欲しい とお手紙をいれておきました。
ついでにフェイスブックページへ突然死の顛末や状況を投稿して同じ症状の経験者を探りましたが今の所同じという人はいないっぽい。
行儀よく普通に遊んでいたユーザーとしては、購入してから短時間で使えなくなったように感じており、しかもDIY品なので「組み立ての時にお前がヘタして壊したんやろ」で流されそうでモヤモヤ感すごいです。
そんなことしてないんだけどな。

ついでに言うと同時期に買った実演用のバーナーも本番でまともに動作せず、こちらも修理の問い合わせしました。この件はたらい回しにされたので返事に困っているところ。販売元が責任持って欲しいんだがなぁ。
新しくオモチャ増やしたら、前に買ったオモチャが壊れてる。困。


このところモノが役に立たないっていう困り事が多くて、しんなりです。

レーザー加工機については布への運用をまとめようと、ずっと考えていましたが…いや…
今日書いてしまおう。

■切れない布などない。
 ・問題は切れっぷり。

かねてよりブログで布の溶断を扱っていました。小さい服には端処理が強敵です。
お人形で気兼ねなく、沢山遊んでいただきたいので服はお洗濯できるように作っています。
とてもロックミシンや巻き縫いが出来るはずもないので、多くは溶断で切りっぱなしになっています。
わたしにとって問題は切りっぱなしでほつれないかどうか。

◎ 合成繊維
× 綿など植物由来
△ 絹
× 毛

◎レーザー加工機で切ると、合成繊維はほぼ間違いなく溶断と同じ断面になり、ほつれません。

×原料が植物由来の繊維(キュプラのようなものも含む)は、恐ろしくシャープに「蒸発して」、ほつれます。 ほ つ れ ま す !

△原料が動物由来のシルクは、ギリギリで使える程度に切り口が閉じます。油脂分の妙でしょう。

×原料が動物由来の毛、皮革は(植物由来と同じく)きれいに蒸発します。ほつれます。

○天然繊維と合成繊維が経横の糸で織られている場合は合成繊維が多い場合は適当に切り口が閉じてくれます。つまり使い物になる切れ方をする。 


・切れるなら次の問題、焦げ色。
焦げ色はよくつく、目立つ場合と目立たない場合がありました。
目立つなら消す方法はあるのか? と試しましたが、自分が持つ方法では不可能でした。

湯で洗う、被服用洗剤で洗う、食器洗剤で洗う、漂白剤、アルカリ、アルコール他芳香族溶剤、 ぜんぶだめ。
その道の専門家の皆さんは解決作があるかもしれませんが全て徒労でした。

数名のミニチュア作家さんに見ていただいて所感をいただきましたが、この程度の焦げ範囲なら許容できるというご回答でした。 自分としても使いどころを工夫すればイケると感じています。


■レーザー光
ここまできて、かねての疑問が強くなりました。

ウェディング用のアレはどーなってんの。白い紙にキレイにレーザーカットしてるじゃん。中国製品とか。
なんで焦げてないの?

私は脱色漂白でもしてるかと勘ぐってましたが答えは違う場所にありました。

実はレーザー光は光に直進性を持たせたもので、もとの光の波長が違えばレーザー光の性質も変わってくるようです。まだ雲の上の問題なのでしっかり調べてませんが根本は理解しました。
私が購入した加工機は青色ダイオードレーザーというものなので、光の色に近い色は切れにくいです。陽光を虫眼鏡で集めたとき、白い紙より黒い紙が先にこげるのと同じ。


■プロッタ方式・ガルバノ方式
もう あまりに専門的で、統合された情報が出てこないから推測するしかないんですが。
 どちらもレーザーの出力方法にとどまらず、さまざまな所にある方法です。

プロッタ方式はカッティングプロッタがいい例ですね。
出力ヘッドが縦横のレールの上をモーターで動いて出力していきます。
または縦方向はベッドに乗った出力材料が動き、横方向へ出力ヘッドが動くというもの。

3Dプリンタも、慣用的に3Dプリンタといいますが、3Dプロッタともいえるのではないでしょうか。
3Dプリンタの出力は何種類かありますが、ベッドがZ軸に動き、ヘッドがXY軸に動くというのが多いと思います。

ガルバノ方式はレーザー光の焦点を結ぶ位置を調節する方法で、定点から出た光をいくつかの鏡によって焦点を変えてやる方法です。つまりレーザーヘッドは基本動かない。(動けば出力範囲が広がる)

ガルバノ方式は見てもすごすぎてわけが分からなかった。非常に高速です。

おのおのに長所があるので、どっちがナニというもんじゃないですがカッコよさに感動したので蛇足しました。

2017年1月8日日曜日

週末記~ サディスティック・プレイ

ハッピーニューイヤー うちのヘンドリックス(鳥頭骨)。
積もり積もったレーザー加工の話はまた次回に。

まずお知らせ。
2017年1月29日大阪(国際マラソンがある日)  大阪マーチャンダイズマートで開催予定のドールズミスへ参加します。グラスアイをお探しの方はどうぞ。
グラスアイのほか、うさぎ人形トレーフルが2羽います。

うさぎ人形の複製は少し考え中。
以前の複製から部分的に足りないのを抜かないまま時間が経ってしまい、そろそろ色差が出るのではないかと危惧しています。11月に複製していたのでもう2ヶ月。
作り直したい型がいくつかあるので考えています。

どの道、機械にやらせれば終わる事ではないので、ガラス方面の休養日に突っ込む感じで予定をしなきゃなんないっす。ガラス優先なので、またズレズレにズレるかもしれませんから予定はあっても黙します。


さて
こんなブログでも予想外の検索候補で見に来てくださるようですし、写真もあったのでレジンキャストの模り手順をご紹介します。極小のパーツも作るし抜きますが、今回は大まかな形状です。

粘土埋めから。
粘土を板にして枠の大きさを決める。
仮配置して樹脂の通り道を設定する。今回はアンダーゲート。一枚目と二枚目で違う時の写真ですが、ここまではだいたいお決まりです。樹脂と空気の通り道を分かりやすくするため、格子をつけておきます。
こんな感じで粘土うめ終了。ここからダボうちします。
左端から樹脂が入って、右上の数箇所から空気を出します。
凹凸反転、樹脂を流した様子。
注目していただきたいのは流し込みゲート(右側)から整形物に伸びる部分。
ゲート溝切ってありますが、膜状にはみ出しができています。(他の箇所も膜があったのですがこの時は出来なかったみたい)
膜状のはみ出しは、シリコン型を両面とる過程で膜状になるマスキング剤を塗っておきます。
マスキング剤は人間の皮膚にも使えるという液状ラテックスを使いました。
  ミラクルペイント http://www.miraclepaint.jp/
後で知りましたが、同等のものが造形資材でマスキングゾルとかありますねー 無知でした。まぁいいんです。これならネイル用のマスキング剤にもなるし。
ゴム系はシリコンゴムの硬化を阻害するかもしれないので、膜の上にも離型剤します。

手順の上では「事後」なのですが、12月にやってきた我が家の新入りをご紹介しましょう。
ただの食器乾燥器くんです。とてもタイトスケジュールだったので下調べして家電屋さんへ走りました。一万円でお釣りきました。

ん? 樹脂の硬化促進にみんな使ってるって?
そーだよねー。寒すぎると樹脂の硬化不良もできちゃうよねー。
樹脂の硬化促進にも働いてくれてます。
食器乾燥器はあまり詳しくないんですが、これはアナログタイマーがついており、最大60分間熱風をいきわたらせ、温風加熱で乾燥させます。ある程度雑菌が致死する温度になるらしい。 ウム。

で だ。 シリコンの硬化促進にも使いましたよ。

食器乾燥器の中に加湿器をつっこみました。
乾燥機の中に加湿器。
突っ込んだのはこの加湿器、フォグリング
http://www.yo-ko.co.jp/japanese/collection/FOGRING/
(乾燥機の写真の右下にある白い丸いのがフォグリングの外箱です)
リンクは企画制作元ですが元名古屋の会社で、商品名を検索すれば沢山ヒットします。

乾燥機の風の抜け口は半分ぐらい目張りした。

シリコンの硬化促進は熱と水分です。
いままで発泡スチロールの箱に熱湯(80度ぐらい、熱過ぎるとスチロールが縮んで穴が開く)をいれ、下駄を敷いてシリコン型の硬化促進をしていました。
これは確かに早かった。しかし難点がいくつかあり、克服しなきゃいけなかった。難点の一つは現在も解消してないのだけど。

記事が長いんで結論置いときますね。
(24時間硬化型)両面型を12時間で完成させました。少しムチムチだったけど。
ノウハウはあるけど書くと長いので省略。経験者なら2度3度やれば勘所がわかるでしょう。

硬化促進に要した道具は乾燥機約1万円、加湿器2000~4000円。上記加湿器でなくても、加湿をノズルで乾燥機に導いてもいいでしょう。
この投資がスグに決断できる人は是非どうぞ。
一時間に一度、乾燥機のスイッチを入れなおすのと加湿器の水分を見張るお仕事だけで4倍速で硬化します。

ご趣味の人はストーブの前にシリコン型と加湿器でもいいと思うよ。
人間の暖房を兼ねるってことは生活空間に有毒蒸気を撒き散らす事になるから気をつけて。

この冬にワタシが会得したサディスティックプレイはこんな感じだったのですが、もう一つ新入りのオモチャをご紹介しておきます。

ただのアクリルカッター。 この子、平滑な樹脂の板しか切れない。500円ぐらい。

シリコン型へ樹脂を流すのにゴムバンドでペチペチやってたり、大きさが合わないまま透明樹脂の板でクランプしてました。透明シリコンなので透明でないと威力でないし。
ある日アクリル板を切るのに困って購入。思いついて大きさが合ってないまま使っていた透明樹脂板を切ってクランプ。
そうしたら大変キレイに整形物できるじゃないですか。皆さんが使うテクニックには理由があるんですね。

専用のオモチャがどんどん増えてるけど楽しい世界が、より近くなるような気分です。
また別の楽しいオモチャ、レーザー加工機氏は次の機会に。

2017年1月2日月曜日

話題の記事(編集中)

ブログ記事より技術情報や検索候補から、有用そうなトピックをまとめました。

ワタシが喋っていて、意味不明な言葉が出てきたら、以下の記事をご覧になってみてください。

■樹脂の可塑性
概要:身近な樹脂の可塑性や軟化温度についてまとめ
http://drive-a.blogspot.jp/2012/12/blog-post_3.html

■スタンピングリーフ
概要:金 店が製造販売する、箔押し資材を使ってみた記事
http://drive-a.blogspot.jp/2014/02/blog-post_20.html
http://drive-a.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html

■レーザー加工機
概要:低価格ご家庭用自作レーザー加工機、FABOOL LASER MINIを導入した

■かたどりシリコンの硬化促進
概要:24時間硬化型シリコンが12時間で両面完成

□シリコン型の参考記事
概要:アンダーゲートや片面開放、寄せ型など
アンダーゲート  http://drive-a.blogspot.jp/2014/07/blog-post_25.html


■めっき
概要:ご家庭で鍍金(めっき)できちゃうんだぜ 普通に使えば危険はないよ
http://drive-a.blogspot.jp/2014/04/blog-post_18.html


■型紙
概要:ドール用型紙

1:6男性アクションフィギュア/マッスルタイプ http://drive-a.blogspot.jp/2013/12/72dpi.html

2016年12月23日金曜日

記憶が飛んでいた日々

 お札を折りたくないひとへ、ぽち袋ならぬぽち箱の通販受付中です。
http://coeurlapin.cart.fc2.com/

ご注文くださいました方々ありがとうございます。
ランナーズハイが続いていて、脳マズイです。マズかったです。

記憶を辿ったら7月8月の予定変更から玉突き事故状態でした。 ハァ。
来年はこんな事にならないようにしたい。

お散歩の記録も、写真撮ったのが埋もれたまま。
レーザー加工機でフエルトや布を切った感じもまとめたいと思いながらのびのびです。


とにかく少し休みます。
トントンの音楽も全く買えてないし仕事一色すぎる生活をリセットしたい。

2016年12月21日水曜日

はノよい子 参考写真


素体とお洋服の参考写真です。

このお顔は最初に作った「カメリア」さん。



このお顔は二番目に作った「プラム」さん。

このプラムさんは何度か登場していますね。

取扱説明書
http://drive-a.blogspot.jp/2014/11/blog-post_18.html

プラムさん参考写真
http://drive-a.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html

プラムさん参考写真2
http://drive-a.blogspot.jp/2015/12/dwl_7.html

カメリアさんは下の写真、右側と同じウィッグです。被り物をすると髪の毛落ち着きます。

2016年12月16日金曜日

お出かけの記録

随分遅くなりましたが2016年11月19日のジャパンミニチュアギルドショー/東京へ遊びに出かけてきました。

写真を少し撮らせてもらったのでご紹介です。

ビスクドールと織り物、独特なコラージュ作品が魅力の草珠さんの作品。

大きさが全く伝わりませんが、厚さ1mmほどの裂き織りマット。
テクスチャ感がなんとも本物。
小さなビスクドールちゃんたち。お揃いの服の子たちもかわいいし・・・
右側の黒いドレスも上手く写ってませんが素材の重なりがかわいい。

ミニチュアフローリストさんの所では、拙作のドールハウスドールを展示してくださってました。
ありがてぇ。ありがてぇ。
この白い服のコは「プラム」というお顔です。 縦ロールつよい。
ひとつ作品を接写させてもらいました。
このムスカリのコロコロしたのがたまんないです。


沢山の作品を拝見して、頭パンクしそうなほど勉強してきました。
DWLの展示に使える家具や背景を増やせたら、と考えて予定を組んでいたのですが、肝心のDWLでお人形の販売をしない と決心した後のミニチュアショーでした。

無限収集入ってるお花と魚と、全部欲しいのをこらえて花かんむり2つと、来年こそは二体出すぞと野望を乗せて小島さんの脚長椅子をいただいてきました。

2016年11月29日火曜日

ドールワールドリミテッド お人形販売予定

2016年12月4日ドールワールドリミテッド初出予定、
うさぎ球体関節人形 トレーフル 5羽 各25000円

 顔、耳、手、足のみ簡単な塗装が施してあります。



ブラウン×黄色系 ルビーアイ
手に持っているトレフルはミニチュアフローリストさんの作品です。

ブラウン系 ブルーアイ

ピンク系 ルビーアイ
華やか。

ベージュ系 ルビーアイ
ブルースポット ブルーアイ
左耳に小さな泡があります。実物をよくご確認ください。 ほかのお人形にも小さな泡はありますが、このコの耳だけ仕上げまで気づきませんでした。ちょっと目立つようで気になってます。