2017年6月18日日曜日

クリエーターズマーケットへ参加しました

同等の記事と作家さんの紹介をガラスブログへまとめました。
こちらもご覧ください。
http://coeurlapin.blogspot.jp


ポートメッセ名古屋で開催されている(18日、今日も開催日)クリエーターズマーケットへ参加してきました。
見てくださった皆さん、買ってくださった皆さん、ありがとうございました。喜びです。

いやほんとすみません、イカレた外見の方が喜ばれる場だろうと思ってババァがきばって行ったんですが、おかげで職業を何度も何度も聞かれました。

ガラス工芸家です。
すみません。
お隣もガラス屋さんだったけど…
↓みんなが欲しがったこれ、カラーで出していけばよかったですね。
でも連絡先書いてないかったんだよね ごめん
情報じゃなくて写真が欲しかったんだよね、うん ごめんごめん。

このブログを続けてみてくださってる方にはレーザー加工機購入の動機はお察しと思うんですが、ミニチュアのお人形の洋服用というのが動機の半分でした。動機というか(設備)投資価値と考えてます。

紙モノがすきなのは間違いないね。バレてたかもしれないけど黙っててごめん。
よくやる雑コラ



なんかすみません。
誤解を振り撒いて、撒き散らしてきたように感じてます。
ごめんなさい。
で、職業ナニって聞かれたらナニって応えるのが誤解が少ないでしょうか。ヒキコモリ?

専門の人と喋るときに、どこから話せば楽しくなるかなって取っ掛かりを考えたり、逆にどう切り込んでいけば深い楽しさを感じてもらえるかなって思うんですよ。
そういうの嫌いな作家さん多いかもしれないけどさ。
べつにケチケチするこたぁない。みんな着いてこいよ!!

2017年6月10日土曜日

小さな箱の販売をします

名古屋で二日間行われるクリエーターズマーケットに参加します。
初日の土曜のみ参加します。

出し物は、今度こそ紙モノのみ。
 お札(さつ)を丸めて収めるぽち箱、コインが入るダイス状の箱(500円なら17枚)など。

そのほか飾り切りの施された箱、上は30*30*40mm「ラティス」という名です。
 上:コインボックス、27mm角。
上:エンボスされた紙を使った無地箱、アレンジ例。王冠の紙をボンドでつけました。
下: ファンシーペーパーの無地箱、アレンジ例 左は透かしインクでスタンプしてあります。
 下:おおきさ比較など。
下:30*30*40mm 飾り切りの箱、「アイアンワーク」


これから“商品”用のアレコレを作ります。
今回新しく作った種類は10種類。まずコードを振り、納書・台紙を作って出力です。
10種というのが、なかなかホネが折れます。全てに応じた注意書きを入れねばなりません。
(図説という親切心は捨てた。文字で許して。)

2017年6月2日金曜日

小さな箱を販売します


小さな箱を販売します、予定です。
2017年6月17日(土曜のみ出店)、名古屋 クリエーターズマーケット E174
ドライブエー(A:/)


レーザーカット小物で申し込みしています。
いろいろ案を練ったのですが、手を広げすぎず、背伸びしすぎない内容に絞りました。

レーザーカットでポピュラーなのは繊細な飾り切りがされたメッセージカードですけど、平面作品となるとデザイン性が問われるので、あまり自分向きではないんです。
ほかに、美しさを損なう要因の「焦げ」が避けられないので美装性のベクトルでは限りがある。

ということで「箱」だけに絞ります。

現在以下を予定しています。


飾り切りの箱

・ぽち箱 -----菱青海波 あざのは 椿 市松 菊格子 星章
 25*25*90mm 裏紙つき 3箱 \800

・コインボックス(500円玉が入ります)  -----かごめ
 27*27*27mm 裏紙つき 3箱 \800(予価)

・小箱  -----ラティス アイアンワーク 星 
 30*30*40mm 裏紙つき 3箱 \800(予価)


無地の箱
 無地なのでスタンプしたり色を塗ってオリジナルギフトボックスが作れます

・マチありピロー型  差し込み組み立て
 60*38 厚み約20mm マチ5mm 台紙つき 10枚 \700(予価)
 95*45 厚み約20mm マチ5mm 60×40mmの台紙つき \700(予価)

・N型箱 折って組むだけ糊付け不要 
 35*24*15mm 10枚 \700(予価)
 35*28*28mm 10枚 \700(予価)
 50*50*15mm 10枚 \700(予価)



無地の箱は白系と黒系、あとは適当に手元の紙を使いたいです。(基本的に真っ白は作れません)
ピローボックスは曲線が組み立てにくいので、他の箱より薄い紙を使います。

箱をバラしてみたり参考にした製図はありますが、全部自分で製図しました。
既存しないものを提供したい。とどけ、この箱、欲しい人へ。

2017年5月24日水曜日

週末記 ~イカレ未満

最初の写真はグラスアイのペア組みの様子。
作品のスケール感というのは、なかなか伝えられないもんですよね。アップとヒキの二枚あれば伝わるんですが。
一枚に収めなければならない(文字を添える事もNGだったり)すると、実に写真の技量が必要ですね。

写真は必要だから撮ってるだけで、本音をいうと、上手いともヘタとも好きでも嫌いでもないです。
楽しい瞬間はあるんですが、毎日作る食事みたいな感じ?美味しければ嬉しいし、美しければ楽しい。
桜の名所とか家族サービスに行って、カメラバックと三脚持ち歩いても、ろくな写真撮れません。
だから難しいのは知ってるし、上手い人の上手さがどれほどかも知ってる。


話が反れましたが写真の話でなくて、イカレの話。
作りましたよ、レーザー加工機で実用品。
このバーコードスタンプは大きさは10mm×30mm程度の小さなものです。

浸透印の印面や、ゴム印の彫りにレーザー加工機を使っているのは以前から知っていました。

それじゃあいよいよ!やってやろうじゃないの! と思えど、ウチの子は190dpi=ベクターデータの場合。ラスターデーターの解像度はどうなのよ、この子でゴム印作ってるって聞かないんだけどどうなのよ!
 と思ったら、それもそのはず、公式推奨 92dpi。 

明度2%の気分で彫らせたら、予想通りガッタガタですわ。明度1%の希望で押印してみたら彫りが浅すぎて明度0。

その後、10回近くやってみましたが、住所印は作れない と結論でました。


自分で使い物になるゴム印面が作れるならば、イカレたはんこ作り放題じゃん!ヒャッハー!!!
って思ったんですよ。 夢でした。
夢破れたので、3段ぐらい妥協して作ったのがバーコードはんこです。

使えたよ。 
こんな記事じゃ寂しいので、2000年のフォルダにあった作品置いときますね。
10mm程度のガラスのしずくです。

グラスアイをお探しの方へ

本業の宣伝です。 今回はレアな4mmがあります。

2017年5月26日(0:00/JST)より第25期グラスアイウェブショップを開店します。

http://coeurlapin.cart.fc2.com/


サイズ別直通
 [4mm] [6mm] [7・8mm] [10mm] [12mm] [14mm] [16mm] [18mm] [18mmO] [20mm]


販売まで品物をプレビュー中です。用意ができたものから順に追加してゆきます。
開始まで、商品の追加や追加作業でメンテナンス表示になったりします。
メンテナンス予定はショップ内の「お知らせ」で明記します。
4mm どちらかというと、自然な表情より印象の強い表情が出る目です。
14mm ブラウン 普通の茶色 普通にある色だけど、普通に売ってるやつじゃダメな人用です。
この想い、わかる人に届け。 
16mm オリーブとざくろ 正直言って即バレしたようですがアレ用のをペアにしました。ご安心ください、アレについては時期が来たら必ずお知らせします。
18mm ウラジロ と インクブルー、金藤。
プラチナ入れすぎて熱膨張差で割れまくりました。こんなに入れるんじゃなかったよー。
作る時に割れるだけで、冷えてからは割れないですよ大丈夫。

2017年5月14日日曜日

週末記 ~ごぶさた記

ニューメリックチェックが厳しくなってタイトルに ~ が使えねぇぞこの
 って思ったらそんな事はなく、キーボードの文字を忘れていただけでした。スマホ入力病末期ですね。
現代人あるある。 私はタブレット端末を使っており、PCへ向かう時間がめっきり減りました。
PCの方が格段にスペックが高くてできることは幅広いのですが少しの不便さと引き換えにラクを選んでいるようです。

ブログをずいぶんサボっていました。
SNSもサボりっぱなしですね、すみません。
今は来月のクリエーターズマーケットへの構想練りと、今月末のグラスアイウェブショップの準備に追われています。

たいして大きなご報告も何もないんですが、デスクトップへ残しておいた画像たち。

■レーザーでフェルトを切っておもしろいことしたい。
小さな正方形の一辺を1としたとき、1の厚さの板材で切り抜けばパズルになる。
こういうの好きで、自分で作って遊んでみたかったんですが、現状アイデアのみで足踏みです。
材料がねぇのよ。
(現実的にはイカレた柄を描いて切らせてコースターってのが需要あるでしょ ってのは解っている。スカルのコースターぐらい作るかなぁ、自分欲しいし。)
布モノを切らせて作りたいアイデアは沢山あるので、またおいおいカタチにしたい。


■仕事道具に生かしてみる。
なんでもかんでもプリンターに通せばエエってもんじゃなく、ハンコのほうが効率がいい場合もあります。「印刷されてるから本物っぽい!」そんなもんに騙されなさるなお嬢さん。
で、ハンコが欲しい場面がいくつかあったので、レーザーで掘らせてみました。
写真を含めて5回ほどトライしてますが、考えてるほどラクじゃなかった、ゴム印は注文したほうが安い現実。(この大きさなら数百円で作ってもらえます)
なにより臭い。粉塵マスクしても少し匂う。
あと解像度がやや低い予感。公式が勧める方法でやっても使い物にならない感じがします。
データの作り方・送り方を工夫してみましょう。(このデータは200DPIの二値化画像ファイルと完成サイズのSVGファイルとをハンドルソフトで合成して出力しました)


ほんとにまあ なんでこんな事になったんだっていう追われぐあいで、自分が荒廃してます。
明日を取り戻せ。

2017年4月15日土曜日

週末記 ~大問題箱問題

うさぎ人形トレーフル、未塗装版販売受付中です。
目の在庫があるので、ほぼ即納です。
http://coeurlapin.cart.fc2.com/



 
ウサギ人形は今回箱を作って = 設計 試作 組み立て、
納書の大きさや内容も作り直して、中敷の大きさも変わったので作り直して。

どんな商品を企画しても箱問題が昔からまとわり着いてくるんですよねー。

箱詰めで売るべきと感じる商品は自分のなかで線引きがあります。
価格が3000円以上、易損品、2センチ以下。見栄えはその下の次元。

価格が3000円より上でも大きくて普通の人が扱えるような作品なら袋詰め。
(簡単な模様のとんぼ玉チョーカーとかは8000円とかでも袋詰め)

易損品は字のごとく易損品。かばんの中に入れたら壊れるなら、壊れないように包んだ状態までが作品。お人形はこれに類する考えです。かばんに入れて塗装がややも傷ついたら商品価値がそこでさがる。

2センチ以下(長辺)
なぜ3センチじゃないのか。 これは私が考える普通の不器用さの人を想定しています。
普通の人の指先は直径2センチぐらいまでなので、それを下回ると扱いにくい、ピンセットが必要と感じるはず。
小さすぎると買ったそばから落とすし失くす。これは購入者を責められる大きさではないので販売者が責任を持つべきと考えてます。

箱の見た目なんて、そんな必要のための機能を満たしていなけりゃ選ぶ意味ないっす。
そう言えど、いざ自分の作品の一部となるなら、より理想を求めたい。
というわけで、新しい作品を出す度に箱を探す旅を毎回していました。
そりゃー毎回毎回ウェブページを数百見て回って海外も見回って海外の卸も検討したり、取り寄せしたり5箱でいいのにワンカートン70箱買うハメになったり。
 (田舎住まいなので実物を見に行くより取り寄せた方が安い。)

おかげで作家さんが使う箱も、大抵お値段わかります。どれだけの値段を作品を送り出すために掛けているか目にすると涙でそうになる事もありました。
箱がないから手作りしてるって作家さんにはマジ泣ける。


余談が長くなりましたが、
ガラス屋を始めてから20年以上の、自分の苦労を。。。思い出すだけで脂汗が滲む苦労を鑑みて、クリエーターズマーケットでは箱屋さんをやりたいのです。

箱探しに力尽きたという皆さん、差し支えなければ欲しい大きさを教えてください。
W D H 、横入れ、縦入れ を教えてもらえればバッチリなの作ります。
ちゃんと解っているので無理な値段はつけません。


コサージやアクセサリーには窓付きでピアス・ネックレス台紙つき、重い作品には堅い紙で設計したい。
ミニチュア作家諸氏のためには箱+中身を引き出せるトレー的なのを予定してます。


あ 写真はある日のウサギ人形制作風景です。
作業場その3の荒廃具合と、たまたま新しいコーヒーを淹れたので気分的なコントラストを写しました。むだにコーヒーカップが美しく見える。それがいい。